誰かが不幸になる「人事」はもうやめよう

ビジネス
期待されて入社してきた新人がすぐに辞めてしまったり、次世代幹部候補が年々減少していたり、クビにならない程度に力を抜いてぶら下がる社員が増加していたりと、どんな会社でも多かれ少なかれ「人」の悩みを抱えている。 「なぜウチの人事は、優秀な人財を採用して現場に回せないのか」 こんなことを考えている経営者こそ、胸に手を当てて考えてみていただきたい。人は、経験と勘だけで、人財の自社組織における活躍可能性を見極められるのか。 『HRプロファイリング 本当の適性を見極める「人事の科学」』(日本経済新聞出版刊)は人財の採用から配置・抜擢、育成に関わる問題に鋭く切り込み、これまで経営者や人事担当者の経験と勘が頼りだった人事に科学の光を当てる。 今回はこの本の著者である須古勝志さんと田路和也さんにお話をうかがい、日本企業の人事の現状と問題点についてお話をうかがった。
ビジネス
中国中部と沿海部結ぶ「高速鉄道」新線の思惑 河南から浙江まで総延長約800km、損益は赤字 | 「財新」中国Biz&Tech | 東洋経済オンライン

6月28日、河南省商丘から安徽省合肥を経て浙江省杭州に至る「商合杭高速鉄道」の、合肥から湖州までの区…

ビジネス
大量廃棄・日本人に「地球1個分の生活」は可能か 「エコロジカル・フットプリント」という指標 | 消費・マーケティング | 東洋経済オンライン

「デジタル化」や「サステイナビリティ」といった変革が進むなかで、アパレル業界の現状と未来、そして日…

ビジネス
中国の新興EV「バイトン」事業活動停止の真因 3月から賃金未払い、第1号車の生産も絶望か | 「財新」中国Biz&Tech | 東洋経済オンライン

中国自動車業界のスタートアップ企業の経営危機がまたひとつ露呈した。6月30日、新興EV(電気自動車)メ…