GVA法律事務所とみらいコンサルティングが月額1.2万円のスタートアップ向け法務・労務契約書レビューサービスを開始

GVA TECH(企業)

GVA法律事務所みらいコンサルティングは7月6日、スタートアップ企業向けに、リーガルテックを活用した低価格の士業専門家サービス「スタートアップパック」の提供を開始した。GVA法律事務所の代表弁護士を務める山本 俊氏は、AIによる契約書レビューサービス「AI-CON」、NDA契約の締結を迅速化する「AI-CON Pro」などを提供するリーガルテックスタートアップ、GVA TECHの代表取締役を兼務する人物。みらいコンサルティングは、IPOに向けた労務管理などを得意とする社会保険労務士法人だ。

創業間もないスタートアップ企業は、法務・労務に携わる人材が十分でないことが多いうえ、外部委託する際の数万円のコストを捻出することも難しい。そこで両社は、AIを利用することで月額顧問料を税別1万2000円と低額にしたサービスを開発した。「AI-CON Pro」のシステムをベースとして、シード、アーリーの時期に必要な契約書・労務書類の約30種類のドラフトの提供やレビューのサポート、月あたり15分の簡易な個別相談などの顧問サービスを提供する。

具体的には、各種業務委託契約、利用規約、創業者株主間契約、投資契約など契約書のひな型やレビュー時のチェックポイントをAI-CON Proに登録することで、容易かつ正確にAIが契約書をレビューしてくれる。さらにみらいコンサルティングが作成した、就業規則、賃金規程、労働条件通知書(雇用契約書)、36協定届、機密保持誓約書など5類型の労務書類にも対応する。

なお両社は今回のサービス提供に併せて、7月28日13時から「Withコロナ時代の、スタートアップのバックオフィス戦略(仮)」とダイしたオンラインセミナーを開催する予定だ。

関連記事
AI契約書レビューのAI-CON Proに秘密保持契約の校正・評価機能が加わる、迅速なNDA締結を実現
AI契約書レビュー「AI-CON」に新機能、NDAを500円で即時チェックできるように
GVA TECHが各社の法務基準に合ったエンタープライズ向け契約書レビュー「AI-CON Pro」β版をリリース

LAWGUE
法務向けAI搭載オンラインエディター「LAWGUE」の日本法務システム研究所が3億円を調達

法務向けAI搭載オンラインエディター「LAWGUE」の日本法務システム研究所が3億円を調達 法務・コンプライアンス領域向けAI搭載オンラインエディター「LAWGUE」(ローグ)開発・提供の日本法務システム研究所は9月14日、第三者割当増資および融資として、約3億円の資金調達を実施したと発表した。引受先は新日本法規出版、第一法規、鈴与、AI inside、UB… Read More

ThoughtRiver(企業)
AIによる契約レビューで取引を加速させるThoughtRiverが10.6億円を調達

 ロンドンを拠点とするリーガルテックのスタートアップのThoughtRiver(ソウトリバー)が、Octopus Venturesが主導するシリーズAラウンドで1000万ドル(約10億6000万円)を調達したことを発表した。 Read More

リーガルテック
リモート口述用のビデオ会議サービスなどで法律事務所の業務をサポートするStenoが3.5億円調達

 世界の法律サービスの市場は2017年に8490億ドル(約89兆円)で、2021年には1兆ドル(約105腸炎)に達すると予想されている。ロサンゼルスのスタートアップであるStenoが、その一部を欲しているのも当然のことだ。 Read More