NASAがビッグなアイデアを持つスモールビジネスに合計55億円の助成金を支給

NASA(用語)

NASAは300以上の企業に対して、貴重なアーリーステージ資金となる新たなスモールビジネス向けの助成金を合計5100万ドル(約55億円)提供したことを発表した。今回選ばれたフェーズ1のプロジェクト(SBIRリリース)は、1つの企業が最大で12万5000ドル(約1350万円)を受け取り、新しいテクノロジーの商品化を進めることができる。

この「Small Business Innovation Research/Technology Transfer(スモールビジネス・イノベーション研究/テクノロジー移転、SBIR)」プログラムは、起業家や発明家のアイデアを研究段階から商品化へと移行させる手助けをするものだ。この資金は投資ではなく助成金に近い。さらにフェーズ1で資金を獲得した企業は、条件を満たすことでより規模の大きなフェーズ2助成金の申し込み資格を与えられる。

2020年も例年のように、数多くの学術分野、幅広い業種が対象となった。ニュースリリースで紹介されたNASAが注目するアイデア(NASAリリース)には、高出力ソーラーアレイ、都市上空飛行のためのスマート航空管制システム、月面で使用する水浄化システム、改良型リチウムイオン・バッテリーなどがある。

さらに医療現場でも使える「宇宙船素材に使用するコンパクトな殺菌装置」を開発した企業には、個別の賞も贈られた。

関連記事:NASAが月での採鉱や太陽レンズなど奇抜な研究開発に7億円超の助成金

受賞者リストを見て、放射線の耐性を持つチップからソフトウェア技術に至るまで、神経形態学的コンピューティングの研究が数多くあったことに私は衝撃を受けた。これらは実際にニューラルネットワークのスパイクや可塑性を導入するというより、機械学習手法を活用し促進させるためのヒントやアプローチなのだと私は理解した。

NASAは2019年のフェーズ2を先月発表(SBIRリリース)したばかりなので、2020年のフェーズ2の発表はまだ先になるだろう。

SBIRプログラムは、10ほどの政府機関に数十億ドル(数千億円)が割り当てられスモールビジネスに分配されるという、図らずも米連邦政府の穴場的プログラムとなっている。詳しくはSBIR.govをご覧いただきたい

画像クレジット:VICTOR HABBICK VISIONS/SCIENCE PHOTO LIBRARY / Getty Images

[原文へ]
(翻訳:金井哲夫)

ISS / 国際宇宙ステーション(用語)
JAXAが国際宇宙ステーションで使う生活用品アイデアを募集開始

JAXA J-SPARC THINK SPACE LIFE 国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)は7月7日、ビジネス共創プラットフォーム「THINK SPACE LIFE」プラットフォーム、また国際宇宙ステーション(ISS)での利用を目指す、宇宙と地上の生活の共通課題を解決する生活用品アイデアの募集開始を発表した。 Read More

Rocket Lab(企業)
キヤノン電子の衛星搭載のロケットラボの打ち上げが失敗

 7月5日のRocket Lab(ロケットラボ)の打ち上げ(ミッション名「Pics or it didn’t happen」=写真がなければ信じない)は失敗に終わり、ロケット「Electron」と搭載した7つのペイロードすべてが失われた。 Read More

OneWeb
ソフトバンクが投資を止め破産申請中の通信衛星OneWebを英政府とインドのBharti Globalが買収し再建へ

 衛星コンステレーションによるコミュニケーション網を提供することを目指していたOneWebは経営破綻して2020年3月に連邦破産法11条による保護を申請していたが、このほど売却手続きが完了した。OneWebを取得したのは英国政府が主導するコンソーシアムであることが判明している。 Read More