Aerospace

NASAのジェット推進研究所が開発した緊急時用人工呼吸器をFDAが認可

 いちばん興味深い点は、これまでの人工呼吸器に比べて部品点数が「きわめて」少ないことだ。だから組み立てもはやく、メンテナンスに時間と専門技術者を要しない。 Read More

amplifiers

Curativeは画期的な新型コロナ検査方法で米食品医薬品局の認可を取得

 診断法のスタートアップであるCurative(キュラティブ)は、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染を診断する画期的な検査方法について、米食品医薬品局(FDA)から非常事態時に限った使用認可を取得した。 Read More

chloroquine

米食品医薬品局が新型コロナ治療薬候補の一部に危険性ありと再警告

 FDA(米食品医薬品局)は、ヒドロキシクロロキンとクロロキンの重大な副作用について再度警告した。 Read More

coronavirus

緊急用人工呼吸器のSpiro Waveが米食品医薬品局の認可を取得して新型コロナ需要に応える

 新型コロナウイルス(COVID-19)重篤患者の治療に必要な人工呼吸器の不足を補う新規プロジェクトが、米国時間4月20日に大きな節目を達成した。米食品医薬品局(FDA)の緊急時使用認可(EUA)が下りて、同プロジェクトの機器の使用と量産が認められた。 Read More

biotech

米国食品医薬品局が新プログラム導入で新型コロナ治療法の開発を加速

 米国時間3月31日、米国食品医薬品局(FDA)は「新型コロナウイルス治療法をできるだけ早く市場に出す」ために公共・民間組織の密接な協同作業を支援する新しいプログラムを発表した。 Read More

Abbott

5分間で陽性がわかる米食品医薬局が新たに認可したAbbottの新型コロナ検査

 ヘルスケアテクノロジーのAbbottが開発した新しいCOVID-19検査方法は、結果が出るまでの時間がこれまでで最速、しかもその場でできるので検査機関への往復が要らない。 Read More

Centers for Disease Control and Prevention

米食品医薬品局がガイドラインを改訂、新型コロナ検査で本人が綿棒を使えるように

 FDA(食品医薬品局)は新型コロナウイルス検査のガイドラインを改訂した。検査を患者にとって簡単かつ不快感を少なくするとともに保護マスク、防護面、手袋、白衣などの個人防護具(PPE)の供給問題も軽減することが目的だ。 Read More

coronavirus

Modernaは臨床試験中の新型コロナワクチンを早ければ今秋にも医療スタッフに提供する計画

 COVID-19ワクチンの臨床試験を米国で最初に許可されたModernaが、早ければ2020年の秋にも最前線の医療スタッフ向けにワクチンの提供を開始する計画を進めていることを発表した。 Read More

7wire Ventures

医療系ビッグデータ分析のOM1が約55億円を調達

 ヘルスケア業界にビッグデータ分析を提供するOM1が約55億円を調達。データ分析スタートアップには、ヘルスケアの効率向上と費用の低減に対する貢献が広く期待されている。 Read More