Aerospace

AlphabetのLoonとSoftBankのHAPSMobileによる成層圏ネットワーク構想に世界的大企業が続々参加

 Alphabetの高高度気球企業Loonと、SoftBankの子会社で成層圏にグライダーを飛ばすHAPSMobileが率いる、全業界的企業連合が、高高度の送受信メカニズムを利用するネットワーク接続のスタンダードと関連技術を開発していく。HAPS Allianceとよっバレるこの企業連合にはAirbusの防衛および宇宙部門やBharti… Read More

Aerospace

気球ネットワーク開発のグーグル系Loonとの無人航空機開発のソフトバンク系HAPSMobileが空飛ぶ基地局を実現

 高高度だから、いちばん高い地上基地局と比べても、それがカバーする圏域は大きい。今日本全体をカバーするために何万本もの地上基地局が使われているが、この方法なら40機のソーラー航空機で足りる。 Read More