NASA(用語)

NASAが商業月面輸送パートナー各社に新規貨物輸送の入札を募集

 NASA(航空宇宙局)は、同局の商業宇宙パートナーによる月への貨物輸送を増やしたいと思っている。同局は2022年中に月に届ける必要のある科学技術貨物打ち上げの入札募集を行った。これは2024年に計画されているNASAのアルテミス有人月面着陸ミッションに向けた準備の一環でもある。 Read More

Boeing / ボーイング(企業)

ボーイングとNASAは無人軌道飛行の再挑戦を2020年9月に設定

 米国時間8月28日のNASAのブログ記事には、NASAとパートナーであるボーイングは、無人飛行テストの再挑戦を2020年12月よりも前に実施することを目指していると書かれていた。これには、完全に再利用可能なStarliner… Read More

Blue Origin

Blue Origin主導の開発チームが有人月着陸船の原寸大エンジニアリングモックをNASAに納入

 Blue Originとその「ナショナルチーム」のメンバーであるLockheed Martin、Northrop Grumma、Draperが、その有人月着陸船のフルスケールエンジニアリングモックアップをNASAに納入した。 Read More

Demo-2(用語)

SpaceXが過去最大規模となる約2000億円を資金調達、企業価値は約4.8兆円に

 米国時間8月18日に米証券取引委員会(SEC)に提出された書類によると、SpaceXは新たに19億ドル(約2000億円)を調達した。 Read More

Crew Dragon(製品・サービス)

NASAとSpaceXは公式有人宇宙飛行の初号機打ち上げを10月23日に定める

 NASAとSpaceXは、SpaceXのCrew Dragon宇宙船を使った公式としては初の有人ミッションである「Crew-1」の具体的な日程を設定した。 Read More

Crew Dragon(製品・サービス)

Crew Dragonテスト成功でSpaceXはNASA初の有人民間宇宙飛行事業者へ

 すでに報じたとおり、SpaceXとNASAはきわめて重要なミッション、Demo-2を成功させてまた宇宙飛行の歴史を作った。SpaceXのCrew Dragon宇宙船は初の有人飛行を無事完了した。 Read More

Crew Dragon(製品・サービス)

SpaceXの有人宇宙船Crew Dragonがメキシコ湾に着水し船上回収成功

 SpaceXと NASAはこれまでで最大の共同ミッションを遂行中だ。Crew Dragon Demo-2による有人宇宙飛行を完了する準備を整えている。 Read More

Crew Dragon(製品・サービス)

SpaceX Crew Dragonが国際宇宙ステーションから無事離脱、地球への帰還の途に就く

 NASAの宇宙飛行士であるボブ・ベーンケン氏とダグ・ハーリー氏は、地球への帰還の最初の重要なミッションとなる国際宇宙ステーション(ISS)からのドッキング解除に成功した。 Read More

NASA(用語)

NASAが火星探査車搭載ロケットの打ち上げに成功、古代微生物の痕跡を探す旅へ

 NASAは史上最も重要な科学ミッションの一つとされるMars 2020ミッションのスタートを切り、火星探査車Perserveranceを載せたロケットを打ち上げた。 Read More